Category - フレームワーク

fuelPHPインストール

一度コマンドラインでインストールして最新版を一括で取得

# curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
# ./composer.phar create-project fuel/fuel:dev-1.7/master project_name

project_nameディレクトリ内に一式が入る
project_name/public/index.php にアクセスして確認

read more

Ethna用Smarty

こんな関数が必要
ないとforce compileする羽目に

/**
* Extracts the filter name from the given callback
*
* @param callback $function
* @return string
*/
function _get_filter_name($function)
{
if (is_array($function)) {
$_class_name = (is_object($function[0]) ?
get_class($function[0]) : $function[0]);
return $_class_name . '_' . $function[1];
}
else {
return $function;
}
}

read more

Ethna formで入力チェックを行う場合

'type' => VAR_TYPE_STRING,
'custom' => 'checkMailaddress',

typeを必ず指定しておくこと

read more

Ethna validate で個別にメッセージを取得したい場合

フォームの各項目を取得
$controller =& $this->backend->getController();
$array = $controller->getActionForm();

エラーメッセージのリスト:$this->ae->getErrorList()


foreach ($this->ae->getErrorList() as $error) {
// 項目名
echo $array->form[$error['name']]['name'];
// エラーメッセージ
echo $error['object'];
}

cf.Ethna_ActionError.php

read more

Ethna Smarty関数内での設定ファイル内容の取得

Ethna外でのfunctionからEthnaの設定ファイルを取得する場合

$ctl = $GLOBALS['_Ethna_controller'];
$config = $ctl->getConfig();
$config->get('xxx');

これでconfig内容が取得できます

read more

codeigniter クライアント接続文字エンコードを設定できませんでした

heteml でこんなエラーが出た

char_set が効いてないっぽい
hetemlはMySQL - 4.0.25-standard

system/database/DB_driver.php の 174-186をコメントアウト

/*
if (! $this->db_set_charset($this->char_set, $this->dbcollat))
{
log_message('error', 'Unable to set database connection charset: '.$this->char_set);

if ($this->db_debug)
{
$this->display_error('db_unable_to_set_charset', $this->char_set);
}

return FALSE;
}
*/


これでMySQLが使えるようになった

read more

Maple 動作確認

ここからアーカイブをダウンロード&展開

maple-3.1.0\htdocs の htdocs がApacheのドキュメントルートに来るようにすれば分かりやすい。

maple-3.1.0\htdocs\example1.php が動作サンプルになります。

ここにアクセスしても画面が正常に動かないのでSmarty版に修正します。

1)example1.php をテキストエディタで開いて以下のように書き換えます

45行目あたり
define('DEFAULT_ACTION', 'examples_simple_example1_page1');
//define('DEFAULT_ACTION', 'examples_smarty_example1_page1');
//define('DEFAULT_ACTION', 'examples_flexy_example1_page1');

   ↓

//define('DEFAULT_ACTION', 'examples_simple_example1_page1');
define('DEFAULT_ACTION', 'examples_smarty_example1_page1');
//define('DEFAULT_ACTION', 'examples_flexy_example1_page1');

2)Smarty本家サイトより最新版をダウンロードして解凍する。
 Smarty/libs の中を全部 maple-3.1.0\maple\smarty にコピーする

ブラウザから再度アクセスすれば正常に表示されます。

詳しい設定は maple-3.1.0\webapp\config\maple.inc.php に書いてあります。

read more

Recent entry

Search

Tag Cloud

Page Top