Net_UseAgent_Mobileによる検索結果: 1件

WordPress Ktai Style ログイン

WordpressのKetai Styleで会員制サイトを作成する場合
WP-Membersとかと組み合わせる
Ktai Styleでは独自のセッションで実装されており、セッションの引き継ぎが難しい場合もあり。

携帯のIDを利用したカスタマイズの例

index.php に追加
set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . dirname(__FILE__) . PATH_SEPARATOR . dirname(__FILE__) .'/lib');
libフォルダを作って Net_UseAgent_Mobileをインストール

ktai-style/ktai_style.php の画面出力前に追加
 output_add_rewrite_var('guid', 'ON');

ktai-style/admin/class.php に追加
-------
public function setHash($dir, $id, $val){
// ファイルを書き出すディレクトリ
$_dir = $dir;
// 既にファイルが存在すれば削除する
@unlink("{$_dir}/{$id}");
// 書き出し
$fp = fopen("{$_dir}/{$id}", "a+");
if (!(empty($fp))) {
flock($fp, LOCK_EX);
fputs($fp, $val);
flock($fp, LOCK_UN);
fclose($fp);
}
}


/**
* SESpreIDをファイル名として hashの値を取得するメソッド
*/
public function getHash($dir, $id){
return file_get_contents("{$dir}/{$id}");
}
-------

セッション開始メソッドの最後に端末IDをファイル名としてsidを書き出すように
public function set_session($user_id, $sid = NULL, $data = NULL, $remember = false) {
# 略
   // 端末IDを取得してhashの値を取得
   $agent = Net_UserAgent_Mobile::singleton();

   $this->setHash(dirname(dirname(__FILE__)) . '/tmp' , $agent->getUID(), $sid);
}

-------
セッション取得メソッドの最後に追加
public function get_sid() {
# 略
   if (! is_string($sid) && ! is_numeric($sid)) {
      // 端末IDを取得してhashの値を取得
      $agent = Net_UserAgent_Mobile::singleton();
      $sid = $this->getHash(dirname(dirname(__FILE__)) . '/tmp' , $agent->getUID());
   }
}

sidを引き継げます。
携帯端末IDをそのまま利用するのではなく、内部で文字列を足す等の処理を行ったほうがいいです。

read more

Search

購読

  • フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーで「Net_UseAgent_Mobile」にマッチするものにアクセスできます。
  • フィードとは

フィードを取得